県民共済のメリット

県民共済と国民共済とを比べるとどちらが得かという疑問が出てきます。たとえば2,000円の掛け捨てで保険に入るとしたら県民共済も国民共済も殆ど差はありません 県民共済・国民共済ともアピールポイントは20歳でも59歳でも保険料が同じです永い期間加入しているとそれだけ加入のメリットを享受できます。地方銀行と取引している方は県民共済に加入します、又信用金庫と取引していれば国民共済に加入することになります。県民共済と国民共済は保険の仕組みはほぼ同じです 同じような保険に保険料が安いからと県民共済と国民共済のどちらにも加入している方がいます 保障が似通っている場合はどちらかは止めて入院の保障に特化した保険や傷害保険などに加入しなおすことも考慮すべきです例えば県民共済も国民共済も20−59歳まで同じ保険料ですので、40くらいまでは安い外資系の民間の掛捨て保険に入っておいて、その後共済に移行するのが良いかもしれませんね。30歳であれば終身の医療保険(EVERなど)で入院日額5000円でしたら月額2000円で収まる場合もあります



>>生命保険の情報を見るなら

県民共済と国民共済

県民共済は全国生活協同組合連合会が、国民共済は全国労働者共済生活協同組合連合会が母体となって組織されています。そのほかにも全国共済生活協同組合連合会が母体の全国共済というのもあります。
内容はどれも似たり寄ったりで優劣はないと思います。ただ内容の組み合わせがそれぞれ微妙に異なるので、自分のニーズに最も近いのが良いと思います。
保険は民間の生保が良いとか国民共済や県民共済がいいと一概にはいえないところがあります。共済や保険を検討するとき、得てして陥りやすい過ちは、「保険料の安さ」だけに関心が向くことです。保険はいざという時にいくらおりるかが最も大事なことで、保険料の安さは言って見れば二の次の課題です。
保険料の安さに目がくらんで加入するといざと言うとき、保険金が全く下りないことがあります。文句のつけようがない部分での保険金請求は問題ないでしょうが、いわゆる「グレーゾーン」の部分に付いては保険会社によって差が出ます。ですから、保険料の安さでなく、実際に保険金を請求したときにどれだけ降りるかを一番に考えたほうがいいです。
これは生命保険に限らず、火災、自動車すべてに言えることです。また、通販の保険等もよく注意しないと、例外項目がかなりありますので危険です

県民共済の特徴

県民共済は一度加入すれば同じコースで継続する場合は更新手続きや告知の必要はありませんもちろん医師の審査も不要であり加入申し込み書の「健康告知書」に正しい内容で記入さえすれば良いのです。

県民共済は「生命共済」は60歳前に月2000円 以上のコースに加入しておくと65歳以降も同じ掛け金で熟年型コースに自動的に保障が継続してくれます。
子供のときから加入すると
「こども型」
「総合保障型」
「熟年型」
と県民共済はスムーズに移行していき85歳まで健康告知などの手続きなしに継続できる内容となっています
民間の保険会社と違い県民共済は経費をかけないシステムとなっているためこのような安心を安価で求められる仕組みとなっているのです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。